中国の妨害が高すぎる卓球 飛び越えられるお天道様は生じるのか

リオオリンピックの卓球のシングルス戦で福原愛情選手と水谷隼選手が極上4に促進しました。
共に準決勝の目標は中国人選手でしたが、とても歯が立たずに敗戦してしまいました。
福原選手は3等評価戦で北朝鮮の選手に敗退して、メダルを逃しました。
インターナショナル天王山では中国選手に勝つことがありますが、五輪や世の中選手権などの大きなフェスティバルでは損するでいる。
中国の支障はおっきいなあと思います。
どう、長い間中国々は卓球が力強いのでしょうか?
ラケットに細工して要るなんて言われますが、それがなくても本当に力強いだ。
果してどういう特訓をやるだろうかと思ってしまう。
福原選手は中国のクラブに所属していたことがあります。
中国選手は本当の最高が本国先頭となり、先頭になれない選手は国籍をかえて先頭になります。
インターナショナル天王山に表れる選手は5割方中国人だったりするわけです。
日本が中国に勝つためにどうしたらいいのか、自分が押さえるくらいならすでに日本の卓球協会がやっていると思いますが、北朝鮮のように奥の手を急遽五輪に出席させるってのはどうでしょう?データベースがなければつけいる盲点があるかもしれません。