得体の知れない体調不良は確かに存在している

世の中、不思議な現象というのはあるもので、先日、原因がさっぱりわからない体の不調に襲われてしまいました。
風邪かな?と思っていたものの、熱が出るわけでもないし、咳やくしゃみもありません。
でも、体が熱いような気がするし、そういうときには発汗もあります。
熱はないけど、頭痛はするし、水のような鼻水がぽたぽたと落ちてきたりもしていました。
いつもの体のコンディションとは明らかに違っているし、具合が悪いというのは、きっとどこかに良くない部分があるはずなんですよね。
でも、その良くない部分というのが何なのか、皆目検討が付かない状態でした。
ドキュメンタリーなどで、わけのわからない奇病に悩まされたり…という話を見聞きしたりすることはあります。
私の場合はそれほど申告でもなかったし、それに、今ではすっかり治ってしまっています。
でも、もしかしたら、本当にそういう得体の知れない体調不良というのはあるのかもな、と何となく思ってしまいました。