都民ファーストの議員が今回の衆院選で国会議員を目指しても問題ないと思います

なんと7月に当選したばかりの都民ファーストの議員の中から今回の衆院選へ出たいという者が現れていることに関してけしからんと批判するのは自由ですが、私は別に問題ないと考えます。
なぜならそうした人が何人か国政へ転じたとしても別にたいした問題ではないからです。
欠員は補欠選挙をすればすぐに埋まりますし、補選で都民ファ議員が落選すればそれは困るでしょうけど、それは候補者が非力だったので仕方ないと諦めるしかない思います。
そんな感じで数議席減らしたからと言って元々単独過半数には届かないのですから大した違いはありませんし。
県議なども経験せずにいきなり国会議員になるボンボン達もいるのですから素人風情は都議で経験を積んでからとかいう理屈は当たらないと思います。
ですから基本的に国政にチャレンジしたい人は出ればいいのです。
運よく受かれば儲けもだし、たとえ落ちてもそれなりの人生経験は積めますから前向きに考えて頑張っていただければよろしいのではないでしょうか。
今の日本には一見無分別に見えてもそうした積極果敢な人材こそが求められているのではないでしょうか。