「もしも万が一」という不測の事態に備えておく

 N・Hは結構素晴らしい両者だと内面呟きながら口を開いた。
「でも、あの両者はこれでもなかなか頑張ってるクライアントです。過去にはNくんの行き過ぎたスパルタ批判に我慢できなくなって、途中で怒って帰ってしまった門下生もいたんです。今回毎日、あそこまでの重労働をやり遂げただけでも全部我慢強いとおもうよ」
 血気盛んな両者が、何かのメロディーに麻痺を切らしておかしな刃向かい方をしなければ良いのだが。中でも僕とM・TはN・Tが理性を失ったときの方法に負えなさは充分に窺い知っていたので、益々それが気掛かりだった。
「指導するのって個人個人で匙加減がむずかしいんだよね。その辺を分かってないNくんも酷いんだけどさ。A・IくんもM・Tさんも、万が一あの両者が切れたら、極めつけに入るの手伝ってね」
ジョーク交じりに言ってはいるものの、やっぱN・HはN・TやS・Kのようないっぱい気の少ないそれぞれとの接し方についてとっくに心得ていた。
「本当に、人間陣に限って、それは安泰でしょ。ほぼ、もしそれほどなった場合はA・Iと我々が必要持って取り止めるんで」
 そんなふうには言うものの、実際どうなるかはまた別の筋道のように思えた。脱毛ラボ 48箇所